葉酸サプリについて

葉酸サプリは、妊娠中に必要な栄養を補うサプリです。妊娠に気づいてから出産まで、母親の体は母親だけのものではなく、 母親が健康な生活を送ることが、赤ちゃんのためにも大切になります。 そこで、気になるのが妊娠中に必要な栄養のことやメニューですよね。

スポンサードリンク





葉酸サプリ

妊娠中には、当然、鉄分やカルシウムなどの栄養が必要となりますが、忘れてはいけないのが 胎児の神経系、脳の発達に大切な働きをする葉酸です。 葉酸は、ビタミンBの一種でレバー、緑黄色野菜、果物などに多く含まれますが、最近では、 葉酸サプリというサプリメントの形で妊娠したときは常に摂取することが大切とされています。 葉酸サプリをしっかり摂取することで、お腹の中の赤ちゃんがより健康体になって育っていきます。 栄養がたくさん含まれていますので、妊娠している方は葉酸サプリをなるべく摂取するようにしましょう。 特に、妊娠初期は最も大事な時期ですので、しっかり心掛けておきましょう。

葉酸サプリと生活習慣病

このように、葉酸サプリを摂取することで、健康な赤ちゃんへと育てていくことが可能となりますが、 一方で、葉酸サプリは生活習慣病を防ぐことが出来るとされていることから 人気を集めています。 人の身体でビタミンは何よりも大切な物ですので、積極的に摂取していくことをオススメします。 日本人は生活習慣病になりやすいですので、葉酸サプリをしっかり摂取して、予防を予めしておくことが 大切ですね。

スポンサードリンク

葉酸サプリと栄養

葉酸サプリは、枝豆、ブロッコリー、ほうれん草などの野菜に多く含まれているため、 野菜だけをしっかり食べていれば十分に摂取できそうですが、 野菜だけではどうしても補うことが出来ない栄養分もあります。

葉酸サプリと栄養

その意味で葉酸サプリだけはしっかり摂取するようにしましょう。 結局、自分の身体は、自分で守るということを忘れてはいけません。 年を重ねていくに従って身体の栄養は徐々に失われていきます。 最近は、通販やテレビでもサプリメントに関する宣伝が多くなっています。 多少お金がかかってしまいますが、一度は利用してみても良いのではないでしょうか、 自分の身体を守るため! それから、生活習慣病を予防するためにも偏食は出来る限り避けるようにしましょう。 妊娠中の方も同じように、栄養がしっかりある物を摂取するようにしましょう。

葉酸について

葉酸(ようさん)はビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、 水溶性ビタミンに分類される生理活性物質である。プテリジンにパラアミノ安息香酸と グルタミン酸が結合した構造を持つ。1941年に乳酸菌の増殖因子としてホウレンソウの葉から発見された。 ホウレンソウの葉はラテン語で folium と呼ばれることから葉酸 (folic acid) と名付けられた。 葉酸は体内で還元を受け、ジヒドロ葉酸を経てテトラヒドロ葉酸に変換された後に補酵素としてはたらく。

葉酸の栄養所要量

葉酸の栄養所要量は、推定平均必要量が 200 μg、推奨量が 240 μg、上限量が 1,000 μg (いずれも成人男女)とされている。ただし、妊娠期および授乳期にはさらに推定平均必要量として +170 μg、+80 μgを、推奨量として +200 μg、+100 μg を付加する。 また、妊娠を計画している、あるいは妊娠の可能性のある女性は、一日あたり 400μg の摂取が 望ましいとされる。 なお、サプリメントとは、アメリカ合衆国での食品の区分の一つであるダイエタリー・サプリメント (dietary supplement) の訳語で、不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を 補助することや、ハーブなどの成分による薬効の発揮が目的である食品である。