手作りtシャツについて

お店や学園祭、スポーツチームなどに手作りtシャツを使用する人が増えています。 手作りtシャツは、自分でデザインを考えることができるので満足のいく手作りtシャツが作れます。 プリント技術もずい分と進歩しているのでみなさんが思っているよりも、 気軽に作れるようになってきていますし、すてきなtシャツを納得価格で作ることができます。 何よりも個性を大事にしている人にとってはとても魅力的なものです。

スポンサードリンク

手作りtシャツの作り方(1)

手作りtシャツは、パソコンで好きな写真やイラストを専用シートにプリントし、 アイロンで仕上げる、アイロン転写シートと呼ばれるプリント方法が一般的ですが、 この方法では、お気に入りのデザインを、好きな大きさにして手作りtシャツを 作製できるという魅力があります。 この他に、熱着インクシート(インクシートの裏に好きな図柄をプリント後、アイロンで仕上げる)、 シルクスクリーン(製版が伴う)、カッティングシートの方法などがあります。



303Graphics

手作りtシャツの作り方(2)

手作りtシャツは、ラメを上手く使ったり、スタッズなどでインパクトのあるものを作ったり、 またリメイクとしてジーンズなどの生地を使って手作りtシャツを作ることも 可能ですので、とても個性的な手作りtシャツにすることができます。ここまでくると、 ファッションセンスも重要になってくるかもしれません。

スポンサードリンク

手作りtシャツの作り方(3)

手作りtシャツを作る際には、リメイクに関する方法を掲載している雑誌なども多数、出版 されているので、初心者の場合は、そのような雑誌を参考にすると、比較的簡単に 手作りtシャツを作ることができます。ユニクロなどで無地のtシャツを購入して 思い思いのデザインを考えて作るととても楽しいと思います。 もっと個性的なtシャツを作りたい場合には布に使える染料などを用意して 直接書いて作る方法や、布を買ってきて型紙から作製してみるのも よいかもしれません。 手作りtシャツは、プリント技術の進歩によって今ではみなさんが思っているよりも、 ずっーと気軽に作れるようになってきています。ショップで売られているデザイナーtシャツと 同じようなすてきな手作りtシャツを楽しみましょう。

手作りtシャツの参考になるHP

・自作&手作り Tシャツするよ.com!
  初心者が一から始めたシルクスクリーン印刷&アイロンプリント、 きりえプリントによるTシャツ作り!
自作 露光機とTシャツくん用スクリーンとインクを使用し、Tシャツを作ってみました。
使用道具、作るのにかかった費用なども解説してますので、参考にしてください。
(以上、HPより引用)

・Tシャツ制作ファクトリー
Tシャツ制作ファクトリーでは自分たちで作る『自作Tシャツ』も応援しております!
ちょっとしたアイデアで世界でひとつだけのオリジナルTシャツが作れます!
また最近ではいろいろな道具やグッズも手軽に手に入りますので、 ぜひ一度チャレンジしてみてください! ここで紹介する方法を組み合わせると更に個性的なTシャツとなるでしょう!
(以上、HPより引用)