セントラルfxについて

最近、FXトレード(外国為替取引)が新しい投資術として、雑誌やサイトに多く取上げられて いますが、その人気の高さもあって、新しい企業もますます参入しているようです。 このサイトでは、FXトレードの企業として最近知られるようになったセントラルのfxについて 紹介します。

スポンサードリンク

セントラルfxの特徴

セントラルfxを含めて、FXトレードを取り扱っているの証券各社は あまり違いがないと考えている人は多いかと思いますが、 ここではセントラルfxの会社概要を紹介しながらお話します。 まず、なぜ、このセントラルfxが人気化したかということですが、 それは、やはり、手数料の低価格化を実現したからだということです。 実際、口座開設から最初の一ヶ月間は、手数料が無料となっています。 2つ目の特徴については、セントラルfxでは、お客様の取引習熟度に 合わせて3つのコースを準備している点にあります。 リスク・レバレッジがそれぞれのコースにおいて、細かく設定されていますので、 全くのFXをご存じない方から上級者の方までお客様の要望に幅広く応えることが できるようになっているのです。



スポンサードリンク

セントラルfxの3つのコース

セントラルfxには3つのコースが準備されていますが、
まず、初心者のお客様用には、 レバレッジは一倍で、2タイプのスワップ金利を選べるという FXデポというコースが用意してあります。
このコースは、どちらかと言うと長期でスワップ金利による収益を 重視したい方に用意したものです。同時にFX取引に慣れたいと希望する方向けの取引口座となっています。

セントラルfxでは、初級者から中級者向けには、FXダイレクトというコースが準備してあります。 為替変動を利用しての売買差益を獲得したい方や、スワップ金利の受け取りを狙った 中・長期の投資をしたい方の両方が同時に 満足できるようなバランス重視型の取引口座となっています。レバレッジは、最大30倍です。 FXダイレクトの最大の特長は高水準のスワップ金利です。 なお、通貨ペアは22種類から選択できるようになっています。

セントラルfxでは、FXハイパーという中・上級者向けコースも準備されています。 レバレッジは、最大100倍まで設定することができるようになっており、 最近の変動の激しい外国為替市場において、よりアクティブな取引を 望む中・上級者の方向けの取引口座となっています。 オンライン取引手数料が無料で、何度売買しても手数料は0円です。

以上のように、各コースともそれぞれに特徴がありますから、よく中身を検討してから セントラルfxで投資を楽しみましょう。

外国為替証拠金取引とは

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。FX(本来はForeign eXchange=外国為替の略) 日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されて、豊商事株式会社、ダイワフューチャーズなどが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品先物会社、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う業者もある。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。

外国為替証拠金取引の例

1ドル=120円、レバレッジ20倍で取引する場合、60万円(5000ドル相当の円)を証拠金として預託すると、5000ドル×20倍=10万ドルの取引が可能となる。つまり、証拠金は取引額の5%になる。1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、その後、円高となって1ドル=115円になったとする。このときの収支は、 ・1ドルあたり 115円-120円=-5円 であるから、10万ドルでは50万円の損失である。
・また、証拠金は1ドル=120円のときに、5000ドルであるから60万円である。
・初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、残るのは10万円だけであり、初めの1/6となる。
・上記と逆に、円安となって1ドル=125円になった場合は、50万円の利益となる。つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、およそ2倍となる。