洋服のリサイクルについて

「お気に入りのお洋服だからなかなか捨てられない……」とか、 「買ってはみたけれど、私のイメージじゃなかったナ……」なんてこと、よくありませんか? いままで、洋服のリサイクルは考えたこともなかったけど、最近、いろいろな物の値段が 上がりはじめていて、なにかとお金が必要になるので、洋服のリサイクルショップを 一度試してみようかと思っています。

スポンサードリンク

洋服のリサイクルショップ

古書店だと、あのブックオフ(BOOKOFF)が有名ですが、実は、このブックオフの 系列企業にB-STYLEという洋服のリサイクルショップがあります。インターネットで調べると わかりますが、ブックオフは、本のほかにも、スポーツ、子供服などのリユースも 幅広く行っています。 インターネット通販などはないようですが、札幌、仙台、横浜など店舗は全国各地に 展開しているようです。以前は、よくブックオフを利用したこともあったので、 なんとなく親しみがあって、洋服のリサイクルショップとしてもここがいいかなという思っています。 まだ、実際に行ったことはありませんが、B-STYLEの店内には、思わぬ掘り出しものが あちこちに散らばっていそうで、以前から欲しかった定番モノを探したり、 新しいコーディネートを楽しむのも、いいかなと考えています。

ブックオフについて

買取査定については、データベースをもとに市場価格と需給状況から割り出されています。 当然ですが、下記ように、ISBNが無いなどの理由で買取対象とならない洋書がありますので、注意が必要です。 耳寄りな情報ですが、「PENGUIN READERS」、「CAMBRIDGE English Readers」、「OXFORD BOOKWORMS LIBRARY」 の三つのシリーズは、今の所非常に高値で取引されているようです。 「paperback warehouse」では、流通中である洋書については、paperback warehouseの査定(コンディション評価) で良質と認められる事が買い取りの条件となっていますのでご注意しましょう。

スポンサードリンク

ブックオフについて(1)

ところで、全国規模でショップを展開しているブックオフですが、今では、アメリカ、カナダ、韓国、 フランスといった海外にまでグローバルに展開していますし、オンラインでも販売・買取もやっています。 (個人的には、BOOKOFF ニューヨーク店に行ってみたいです) そんなブックオフはいわゆる新古書店の代表としても有名です。 新古書店というのは、古本屋の一種ですが、いわゆる古本屋とは違って、比較的新しい 出たばかりの本を買い取り、安い値段で売る形態の古本屋のことです。 古い本を中心に扱っていた従来の古本屋に比べ、この形態だと実質的には新刊書を 安く手に入れることができるので、その辺りの売り方が買い手のニーズにあって爆発的に発展しました。

ブックオフについて(2)

でも最近では、古本の売買をインターネット上で行うビジネスが始まって、やや劣勢になっているようです。 というのも、インターネットだと、オンラインでかつ安価に本が買えるのでブックオフは不利な状況にあるようです。 しかしながら、インターネットでの売買には送料が必要となるので、 この面では店舗での販売を行うブックオフは有利でしょう。 急激な成長を遂げたブックオフですが、その代償とでもいうべきか、2007年に粉飾決算などの 問題が表面化し、さらに、従来の古本屋などの視点から見ると、本の価値に対して 正当な価格が付けられていない、という印象などもあるようですが、 低価格な本が買えるのは消費者にとっては助かりますので、 洋服のリサイクルショップ:B-STYLEも含めて、応援してます。

洋服のリサイクルショップ:B-STYLEの取り扱い商品

レディースファッション/メンズファッション
帽子/財布/靴/ベルト/バッグ/スカーフ/ハンカチ
靴下/ストッキング/傘/ネクタイ/Yシャツ/パジャマ/エプロン

洋服のリサイクルショップ:B-STYLEの店舗

札幌屯田店、仙台泉古内店、東千葉祐光店、横浜瀬谷南台店、川崎モアーズ店、
富山山室店、富山黒瀬店、福井やしろ店、名古屋千代田橋店、2号神戸長田店、
広島大手町店、具志川店、その他。

B-STYLE(ビースタイル) 横浜鴨居

営業時間 10:00〜20:00
定休日 年中無休
住所 神奈川県横浜市緑区東本郷6-1-26
TEL 045-470-6514
FAX 045-470-6411
アクセス JR鴨居駅より徒歩10分