宮崎県のお土産について

宮崎県のお土産は全国的に有名なものがたくさんあります。 チーズ饅頭、ういろう、日之影のゆずっこ、他にもシャラトンのチョコレートや日向夏シャーベットなど、 注目すべき宮崎県のお土産はたくさんありますので、選ぶ楽しみがありますし、 旅の楽しみの一つとして観光しながら、宮崎県のお土産を地図を見ながら探し回るのもいいかと思います。 お土産というと、東京、北海道、ディズニーランドなどが注目されますが、 宮崎県のお土産も負けていませんよ。



スポンサードリンク






宮崎県のお土産:「日之影のゆずっこ」

宮崎市内では県庁横のみやざき物産館で販売されている宮崎県のお土産です。 日之影町の「押方果樹園」グループが製造されているお土産ですが、 柚子の香り、味が濃厚で、柚子の苦味は抑えられており とても美味しいゼリーのような食感のお菓子です。 宮崎県主催「ふる里を食べよう宮崎の味コンクール」で優秀賞を受賞しており、 宮崎県のお土産を代表する1つとなっています。



宮崎県のお土産:「チーズ饅頭」

「チーズ饅頭」も宮崎県のお土産で人気があるものの1つです。 「わらべ」というお店で売られているチーズ饅頭が人気が高いようで、 さくっとした食感と中のクッキーのような香ばしい生地のチーズが マッチしたお菓子です。口コミで広がった、いわば「地元の人たちに愛されるお土産」であり、 大変人気が高い宮崎県のお土産です。その日売れる分しか作らない様ですので、 前日に電話予約して購入した方が良いです。 宮崎県に観光旅行に行った際には、チーズ饅頭をお土産として買っていくことをお勧めします。

スポンサードリンク

宮崎県のお土産:「ういろう」

そして、宮崎県のお土産として忘れてはいけないのでが「ういろう」です。 「ういろう」と言えば名古屋を想像する方が多いと思いますが、実は宮崎の青島で昔から売られており、 宮崎県のお土産の代表的なものだったのです(1877(明治10)年ごろから、鈴木サトによって 売られるようになったとのこと)。 青島に遊びに来た人は必ずういろうを買っていくそうです。 薄い木の皮に包まれた昔ながらのスタイルが今でも続いていて、 青島のビロー樹をデザインした青いパッケージのういろうは、 地元の人たちからも愛されているお土産の一つです。

宮崎県のお土産:「ういろう」

青島のういろうは甘さひかえめのシンプルな味と、優しい口当たりは絶品です。 添加物は一切入っていないので(常温で日持ちが1,2日程度)、早めに食べる必要があります。 固くなった時は、蒸したり焼いたりして食べると良いそうです。 お土産というと、東京、北海道、ディズニーランドなどが注目されますが、 宮崎県のお土産も負けていませんよ。

宮崎県について

宮崎県は日本列島を構成する島、 九州の南東部に位置する日本の県。県庁所在地は宮崎市。 県木フェニックスに代表される南国情緒豊かな気候から、 1960年代には日南地区を中心に新婚旅行・観光のメッカとして栄えた。 現在も春季のプロ野球などのキャンプ地として知られる。
面積 7,734.78km2(※境界未定部分あり)
総人口 1,137,562人(推計人口、2008年4月1日)
人口密度 147人/km2

宮崎県の第1次産業・農業

温暖な気候を利用し、早場米、野菜・果実等の促成栽培、葉たばこ・甘藷等の商品性作物の生産が盛ん。 また、畜産業は牛・豚・鶏の全てにおいて全国有数の生産高を誇る。 以前はそれほど知名度が高くなかった農畜産物も、2007年に知事に就任した東国原英夫の 全国規模のマスメディア露出により急速に知名度を上げている。
・全国第一位 ピーマン、スイートピー、ブロイラー、切り干し大根生産量
・椎茸栽培  乾し椎茸の生産高は全国第2位。その他、全国2位のものは多い。
・マンゴー 「太陽のタマゴ」と銘打つブランドを展開


おすすめリンク ↓
宮崎県の都農ワインいろいろ
宮崎県の太陽のたまごがいいよ!
宮崎のお土産がさいこう!