毎日派遣とはについて

日本国内には、非常にたくさんの派遣会社があります。 そのなかの1つである毎日派遣ナビでは、さまざまな人材派遣会社の 仕事情報、派遣会社情報が掲載されています。 また派遣に関するQ&Aや、履歴書、職務経歴書の書き方 など派遣での就業を支援するコンテンツも充実しています。

スポンサードリンク

毎日派遣のビジネス形態

そもそも、派遣の仕事とはどんなビジネスでしょうか? これは、必要なときに、必要なだけ、必要な技術を持った人材を 必要な場所に送ることを基本コンセプトとして構築されたビジネスシステムです。 派遣のシステムは、派遣スタッフと派遣先企業と派遣会社の3者の関係で構成されます。 派遣スタッフは派遣会社から仕事の紹介を受けて派遣会社と雇用契約を結び、 雇用契約が結ばれた後、派遣会社から派遣先企業に派遣されます。 一般的な雇用である正社員やアルバイトとの最も大きな相違点は、雇用契約締結の形態です。 一般的な雇用では、労働者は就職先の企業と雇用契約を結んで 仕事の指揮や給与の支払を直接受けますが、派遣スタッフの場合は実際の仕事の指示は派遣先企業から受けて、 給与は雇用契約を結んだ派遣会社から支払われます。

毎日派遣スタッフとして働くメリット

正社員を希望せず、派遣スタッフとして働くメリットについてですが、 それは自分の気に入った勤務時間や仕事内容が選択でき、その意味でいろいろな 企業や職場環境を経験できるということです。 保険のことが気になるかと思いますが、当然、派遣会社が契約している保険に 加入することができます。また、派遣先の福利厚生が社員と同等に使える場合もあります。 さらには、スキル向上のために各種学校と提携している派遣会社においては、その 学校を紹介してくれる場合もあります。派遣スタッフのスキルアップを支援してくれ るわけですが、このような場合には割引制度が適用される場合が多いようです。 もちろんスキルアップすれば時給の改善も望めます。

スポンサードリンク

毎日派遣スタッフとして働くデメリット

当然、毎日派遣にはメリットばかりがあるわけではありません。 正社員は毎月決まった給与をもらえますが、派遣スタッフの場合は 時給制ですので、連休が多い月などは収入が減ってしまいます。 また、ボーナスなどの賞与がない場合が多く、さらには、 契約期間が決まっているので長期的に仕事を継続することができません。 その意味では、収入が安定しないといえます。 このようなデメリットにもかかわらず、毎日派遣で働く人が増加傾向にあります。 正社員にならずに派遣スタッフとして働きながら、自分のスキルアップを図るという 選択も新しい生活スタイルとして定着していくのではないでしょうか。

人材派遣とは

人材派遣とは、主として労働者派遣を意味する用語で、これを行う業のことを人材派遣業という。 この語が使用される文脈では、おおむね労働者派遣法に定義された「労働者派遣事業」と 同義で使用される。 多くの場合労働者派遣を意味する「人材派遣」であるが、この用語は、 大手の労働者派遣事業者が用いている。例として、スタッフサービスやテンプスタッフがある。 また、業界団体である社団法人はその名に「人材派遣」の語を用いている。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「人材派遣」の意味

人材という言葉は労働者以外にも意味することがあるため、「人材派遣」が意味する実体は 民法上の請負や委任のようなケースを指すこともある。 家庭教師の派遣や、介護ヘルパーの派遣は、労働者派遣ではなく、民法上の請負であるが、 実体として事業所から労働現場に出向く形態であり、一般に派遣という言葉が使用される例もまれではない。 ただし、彼らが完全に自らの判断に基づいて完全に仕事を請け負っているわけではなく、 実質的には事業所のある程度の指揮命令系統が存在しているのが普通であり、 いわゆる労働者派遣事業法に基づく人材派遣ではない、とは必ずしも言い切れない。