子供用傘について

子供用傘は、以前と比較すると、ずいぶんとオシャレなものが増えています。 雨の日は子供だって学校に行きたくなくなることもありますが、 そんな時、オシャレな子供用傘があれば、喜んで学校へと行くものです。 とくに買ってもらったばかり新しい傘を子供は早く使いたくて仕方ないのです。 子供用傘は子供の心をくすぐる不思議な力をもっています。




子供用傘といえば

一昔前の子供用傘といえば、黄色一色の無愛想なものか、子供たちが好きなアニメの キャラクターをあしらったものが一般的でしたが、近頃はかわいらしい洒落たデザインの 傘も多数販売されています。当然、人気キャラクターの傘も根強い人気を誇っています。 これらたくさんある中から機能的でオシャレな傘を選択する時代になっています。

子供用傘の選び方(1)

最近の傘は安全面には配慮がなされており、安心して購入できるものが増えているとはいえ、 親としては子供用傘はオシャレなだけではダメで、なにかと気をつかいます。 たとえば、傘の先が目に入ったりしないか、傘を広げる際には指が挟まったりしないか 大きさがピッタリ合っているかなどなど、安全な構造であることも大切です。 また男の子の場合には傘をつかって遊んだりするので丈夫で壊れにくいといった点も 重要になります。



子供用傘の選び方(2)

最近の傘は安全面には配慮がなされており、安心して購入できるものが増えているとはいえ、 親としては子供用傘はオシャレなだけではダメで、なにかと気をつかいます。 たとえば、傘の先が目に入ったりしないか、傘を広げる際には指が挟まったりしないか 大きさがピッタリ合っているかなどなど、安全な構造であることも大切です。 また男の子の場合には傘をつかって遊んだりするので丈夫で壊れにくいといった点も 重要になります。

スポンサードリンク

子供用傘のサイズと種類

デザインのオシャレな傘が増えていますが、傘をした状態で下を向きながら 歩いていると前が見えなくなりがちでちょっと危険です。 そのため透明ビニール傘も子供用傘に適しているといえます。 オシャレなデザインながら一部分だけ透明にして前が見えるように配慮した傘などもあります。 さらに、子供向けの折りたたみ傘もいろいろな種類があります。 昔は折りたたみ傘と言えば大人用のもの。子供は小学校高学年になって初めて使用できる、 といったイメージもありましたが、最近では小学校低学年でも使用できる折りたたみ傘も増えています。 ランドセルにも入るコンパクトなサイズであるだけでなく、 簡単にたためるなど新設な設計になっているのがポイントです。 大きさに関しては子供用傘の場合、広げたときの大きさが45p程度の園児用のものから、 大きさ50〜55p程度、身長100〜120pの小学校低学年向けのものが一般的です。

子供用傘の価格

最近は、ネット通販でかなりの割引価格で購入することができるので、ときどきは チェックしてみてください。価格は1000円台が一般的ですが、人気キャラクターなどの 傘はやはり高めになっています。雨の日でも、お気に入りのすてきな子供用傘を差せば 学校へ行くのも楽しくなるものです。 雨の日には、オシャレで安全な子供用傘で子供を送り出してあげましょう。

現代生活と傘

現在の日本では、雨傘は不要となるとその存在が忘れられてしまう事が多く、 交通機関における忘れ物として、常に上位に位置している。 また、会社や学校など頻繁に行く場所に備えておく傘を「置き傘」と呼ぶ。
以前は傘の修理を行う店も存在していたが、安価な外国製品の台頭で、 修理して使用し続けるという意識は少なくなっている。ただし日本製の傘であれば、 専門店や百貨店で購入すれば充分修理も可能で、 海外からの低価格攻勢と文化侵害に打ち克つ「差異化(さいか)」の道として、 アフターマーケットの充実が次第に着目されてきている。