金売買について

金売買についてどのくらいの知識をお持ちでしょうか? かつては、資産運用といえば銀行預金でしたが、銀行に対する信頼低下と極端は低金利、 また、株やFXといった簡便な投資が流行る時代の流れの中、 多様化する資産運用の手段についての知識をもつことも大切だと思います。




金売買の資産運用

資産運用の手段として金を考える人も増えています。 金は時代の動きの影響を受けにくく、その価値が安定しているため、 リスクの比較的に少ない資産運用といえます。 さらに、換金性が高いため、金売買によって利益を得ることも可能です。 金売買による資産運用にはいくつかの種類がありますが、 大きく分けて2つの種類があります。1つは、実際に金を購入して所持する方法と、 もう1つは、ファンドや先物取引といった実物を購入しないものの2種類があります。

金売買:地金

実際に購入する金は一般に「地金」と呼ばれており、 これらの地金の純度は99.99%程度と極めて高く、 品位や重量を保証する刻印が押されています。 (「インゴット」「バー」とも呼ばれます) 金売買は100g単位で行われますが、 重さは100gや500g、1kgの3種類が一般的です。 ただし、金売買の際には手数料がかかります。 銀行ではバー一本あたりの一般的な相場は、6300円のようです。
以上のような「金の延べ棒」のほかに、「地金型金貨」と呼ばれる、 投資目的に発行される純度の高い金貨もあります。 金の純度は通常の地金と同様に99.99%です。 カナダの「メイプルリーフ金貨」、中国の「パンダ金貨」、 オーストラリアの「カンガルー金貨」などが有名です。

スポンサードリンク

金売買:金鉱株ファンド

最近注目を集めている金売買の方法として金鉱株ファンドがあります。 このファンドは金鉱企業の株式に投資することで利益を生み出すというもので 実際に高い利益率を上げているようです。 この金鉱株ファンドの代表的なものに、「メリルリンチ・ゴールドファンド」が ありますが、過去3年の配当率が199.09%と非常に高いものとなっています。 また近年の電子取引の普及に伴い、金の先物取引も増えているようで、 インターネットで取引に参加する個人投資家も年々増加傾向にあるようです。

金売買の活用

さて、ご存知のように、昨今は国内外の経済情勢は極めて不安定で、 また、世界的環境も悪化しつつあります。そのような状況の中、 インフレや社会の不安定な情勢にも強く、安定した価値を維持する金売買は より適した資産運用方法といえます。金売買にともなう種々の方法のメリットやリスクを しっかいと把握し、適切に運用することが重要となります。

金とは

金は第11族元素に属する金属元素。貴金属の一種であり、 純粋な金属としてももっとも古くから知られてきた。元素記号はAu。 柔らかく、可鍛性があり、重く、光沢のある黄色(金色)をしており、 展性に富み非常に薄くのばすことができる遷移金属である。 同族の銅と銀が反応性に富むこととは対照的に、 イオン化傾向が極めて小さく反応性が低い。熱水鉱床として生成され、 そのまま採掘されるか、風化の結果生まれた金塊や沖積鉱床(砂金)として存在している。