アンティークの椅子について

アンティークの椅子というとすぐに思い浮かぶのがヨーロッパですね。 アンティークの家具に限らず、ヨーロッパでは、さまざまなアンティーク家具が みられます。イギリスをはじめ、ヨーロッパの多くの国では、家具については 何十年という年月が経っても利用できるようにしっかりと製作されていますね。

スポンサードリンク

アンティーク:日本とヨーロッパ

そもそも、このようにアンティークという商品が存在する背景はどのようなものでしょうか。 日本でも、古くて希少価値のあるものはたくさん存在していますが、アンティークの椅子といった、 いわゆる、アンティーク家具の範疇に入るものは、ヨーロッパなどに比較すると かなり少ないと感じます。これは、日本とヨーロッパの文化の違いが影響していると 考えていますが、つまり、日本の家具は、とにかく安く簡単に製造できることが重要なのに 対して、ヨーロッパでは、生活に適した家具作りが第一で、当然、耐用年数も考慮して 家具が製造されていますね。 ただ、このように書くと、日本の家具に良いものはないように聞こえてしまいますが、 日本にもしっかりとした家具作りに取り組んでいるメーカーもたくさんあります。



スポンサードリンク

イケア:北欧の家具メーカー

ところで、ヨーロッパの家具がすべてアンティークの家具というわけではなく、 アンティーク家具ではない通常の家具作りに特徴をもった、多くのメーカーも あります。イケアという北欧(スウェーデン)の家具メーカーはその1つであり、 日本にも進出しているので、ご存知の方も多いかと思います。
イケアという社名は、創業者Ingvar Kampradの頭文字と、 彼が生まれ育った、Elmtaryd、Agunnarydという場所の頭文字を 取り上げて、IKEAと呼んでいるそうでが、英語では、イケアではなく「アイキア」 と発音するそうです。ちなみに、中国語では「宜家家居」とのこと。
イケアのデザインは、デザインが良いだけではなく、機能性も優れています。 イケアではデザイナーの育成にも力を入れており、デザイナー学校とも提携しています。 その国の家庭に適したデザインを考えることを大切しているわけですね。
イケアのストアは日本では大都市の東京や大阪には存在せず、 その近郊の千葉と神戸に出店していますが、このあたりに イケアの経営戦略をあるようですね。 イケアの家具はデザインと機能性が優れているだけでなく、木材を多く使用することから 環境対策にも力を注いでいます。そのようなイケアの家具にとても注目しています。

イケアとは

イケア(IKEA)は、スウェーデンの大手家具店。現在は、 オランダ南部の都市ライデンを本拠地とする財団法人スティヒティング・インカ・ ファウンデーション(創業者イングヴァル・カンプラードの創設した基金)が、 イケアグループ全体の親会社であるインカ・ホールディングを所有している。