訪問看護の医療保険

訪問看護の医療保険が近年注目を集めている理由として、急速な高齢化社会の広がりと共に、 看護を必要とする高齢者が急増している時代背景があります。 ところが、現在、家族による介護のみでは十分な看護が困難な状況になっています。 なぜなら、ご存知のように、少子高齢化がさらに加速する現在、子供の同居率が低下するとともに 女性の社会進出も進んでいるからです。 看護の問題は社会全体において大変深刻な問題になっているわけです。

スポンサードリンク

訪問看護の医療保険の制度

そもそも訪問看護とは、病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で療養生活を送れるように、 看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、 療養生活を支援するサービスです。この訪問看護のサービスは病気や障害のある方が利用できますが、 訪問看護は医療保険、介護保険のどちらでサービスを受ける場合もかかりつけ医の指示書が必要となります。 このように、「介護保険」と「医療保険」の2種類あるわけですが、この違いを理解することが難しく、 たくさんの方々が誤認識や疑問に持っているかと思います。

医療保険で訪問看護を利用

赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関りなく訪問看護が利用可能ですが、 訪問看護ステーションでは、かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に従い、 必要なサービスを提供することになるので、利用を希望する場合には、 かかりつけ医への 相談が必要です。

スポンサードリンク

介護保険で訪問看護を利用

要支援、要介護認定が前提となっています。 つまり、「要支援1〜2」または「要介護1〜5」に該当する方は、ケアマネージャーに相談し 居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

介護保険で訪問看護を利用

但し例外もあり、介護保険が適用される方であっても、病状が悪化した場合や、 いわゆる「難病」と呼ばれる病気にかかった場合、介護保険ではなく医療保険からの 訪問看護が利用できるようになります。 以上のように訪問看護の医療保険と介護保険とで大きな違いがあります。保険の利用を 考えている方は一度医療機関に相談することをお勧めします。

医療保険とは

医療保険とは、医療機関の受診により発生した医療費について、 その一部又は全部を保険者が給付する仕組みの保険である。 巨額の医療費の発生による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。 長期の入院や先端技術による治療などに伴う巨額の医療費が、被保険者の直接負担と なることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、 逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が圧迫されることを防ぐため、 被保険者の自己負担割合や自己負担金が定められていたり、 予め保障範囲が制限されていたりすることが多い。 医療保険は、 多くの国で公的医療保険と民間医療保険の組み合わせにより構成されている。

介護保険制度とは

介護保険制度は社会の高齢化に対応し、 2000年(平成12年)4月1日から施行された社会保険制度。 要介護状態又は要支援状態にある人が介護サービスを利用する際、 その費用(給付費)を被保険者から徴収する保険料だけでなく、 国・都道府県・市町村が負担する特徴を持つ。