引越し祝いについて

日本の場合、1年間に500〜600万人もの人が引越しをすると言われています。 友人、知人、親戚の引越し、そして自分自身の引越しなど、思い浮かべてみると けっこう引越しの機会ってあるんですね。 特に、お世話になった人が引越しをする場合、マナーとして引越し祝いを贈りたいと 思うものですが、どんなものが喜ばれるのか、何を贈ったらいいのか よくわからないということがあると思います。

スポンサードリンク

引越し祝いの金額

まず引越し祝いの金額についてですが、高すぎても問題がありますので、まず、 どれぐらいの相場なのかを確かめておくことが大切になります。 一般的な引越し祝いの相場は5000円から1万円程度と言われています。 転勤か、新築か、同僚か、上司か、身内か、 あるいは新築記念のパーティーなどに招待されていたか、などというように どのような引越しなのかによって金額を決める必要があります。 目安としては転勤が1000円〜3000円。 新築の場合は3000円〜5000円。 新築記念のパーティーに招待された場合は5000円〜1万円といったところです。 不安な場合は常識に反しない程度で少し多めにしておくとよいかと思います。 引越し祝いとして現金でも問題はありませんが、 あまり高額にならないほうがいいでしょう。



引越し祝いの贈り物

引越し祝いとしては、ギフト券なども便利で喜ばれますが、 新しい生活を華やかにするようなプレゼントもいいものです。 その場合のポイントは実用性があって、かつ、邪魔にならないものです。 たとえば、小さめの観葉植物、食器、ワイン、シャンパンなどga 喜ばれる贈り物の代表的なものです。自分がもらってうれしいもの、 新生活に配慮したプレゼントが求められます。 せっかくの新居にいらないものを贈られてしまっては相手もありがた迷惑です。 それから、注意しなくてはいけないこととして、 とくに新築祝いの場合、縁起の悪いものを贈らないようにすることです。 ろうそく、コンロ、灰皿、ストーブ、コタツ、それから赤い花なども 贈ってはいけない引越し祝いです。これらは、 火事を連想させてしまうもので、特に注意してください。

スポンサードリンク

引越し祝いとは

引越しは人生の重要な節目となるものですので、引越し祝いとして 気の利いたものを贈られれば嬉しいものでしょう。 そのためにも、金額の相場や、贈ってはいけないものを 考慮しながら気持ちのこもった引越し祝いをプレゼントしたいですね。

引越ししました