cmsfxについて

cmsfxとは、現在では日本にも支店があるアメリカのFX業者ですが、 このcmsfxが行っているFXについてはご存知でしょうか。 FXとは、英語でForeign Exchangeと呼ばれるもので、頭文字をとっています。 つまり、FXは外国為替証拠金取引と呼ばれる外貨を売買する金融商品のこと なんです。最近、日本でも非常に人気を集めていることはご承知の通りです。

スポンサードリンク

FXの動向

FXの最近の動向についてですが、 インターネットが普及した現在、24時間いつでも取引できるという便利さと 少ない資金でも始められるとうことから、サラリーマンや主婦の間でも FXを始める人が急増しています。 ご存知のようにドルやユーロなどの為替レートは日々、変化しているわけですが、 FXでは、この為替の変動で利益が出るので、 初心者にもわかりやすくて簡単な取引という点が人気となっています。



スポンサードリンク

cmsfxについて(1)

cmsfxは1999年に設立された企業ですが、設立以来ユーザーへのきめ細やかなサービスを大切にし、 意欲的な改革と公平な取引業務に取り組んでいます。 このような姿勢が評価され、現在では、外国為替証拠金業界においては注目される 存在となってきています。 cmsfxは日本市場への積極的な活動を行うために、2005年11月には日本への進出しました。

cmsfxについて(2)

さて、全米先物協会の規則では、会社の資金と顧客の取引資金は 分別管理することが義務付けられています。 この分別管理というのは、取引先会社が自分の会社の資金と ユーザーの資金をきちんと区別して管理することにより、 ユーザーが安心して取引できるようにするものです。 したがって、cmsfxは毎週末、あるいは月末に米国先物取引業界の 監督をする政府機関である米国商品先物取引委員会へ報告書を提出して 検査を受けています。この報告書は顧客資金を管理している銀行からcmsfxが 毎日残高報告書を受け取るデータから作成されるものです。 以上のようにcmsfxは厳格な管理を実施しているので、 顧客の資金は分別管理されている範囲で確保される可能性が高いのですが、 全額が保障されるものではありません。また、cmsfxは米国法人のため、 日本の信託保全の対象にはなっていないことは承知しておかなければなりません。 それでもcmsfxは日本の多くの人からcmsfxを支持されています。

その理由は、先ほども説明しましたように、創立以来 外国為替業界における新興ブローカーとして顧客サービスに 力をいれ、非常にきめ細やかなサポートサービスが実施されいるからです。

cmsfxでは外国為替市場で成功するための様々なサービスを顧客対応のプロが提供してくれます。 さまざまな通貨を取り扱うFXではそれぞれの国特有の為替市場を熟知する必要がありますが、 cmsfxでは、専門的なサポートを行うために、ユーザーに対してその国の為替市場に 卓越した担当を割り当ててくれるので、ユーザーは安心して取引をすることができます。

cmsfxで安心のFXを始めてみませんか。

外国為替証拠金取引の例

1ドル=120円、レバレッジ20倍で取引する場合、60万円(5000ドル相当の円)を証拠金として預託すると、5000ドル×20倍=10万ドルの取引が可能となる。つまり、証拠金は取引額の5%になる。1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、その後、円高となって1ドル=115円になったとする。このときの収支は、 ・1ドルあたり 115円-120円=-5円 であるから、10万ドルでは50万円の損失である。
・また、証拠金は1ドル=120円のときに、5000ドルであるから60万円である。
・初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、残るのは10万円だけであり、初めの1/6となる。
・上記と逆に、円安となって1ドル=125円になった場合は、50万円の利益となる。つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、およそ2倍となる。