赤ちゃん服について

赤ちゃんの服のサイズ、デザイン、素材などは、赤ちゃんが快適に過ごせるように いろいろなことを配慮して作られています。このサイトでは、赤ちゃんの服について ブランドもの、手作りも含めて紹介しています。

スポンサードリンク

赤ちゃんの服について

赤ちゃんの服は、赤ちゃんがまだ自分で上手く体温調節ができことや 赤ちゃんの足の動きを妨げないように、そして、母親が赤ちゃんのオムツを変えやすいように、 といったいろいろなことを考慮して作られています。 タイプもカバーオールやドレスといった様々なものが揃っていますので、 赤ちゃんが快適に過ごせるように、赤ちゃんの成長に合わせて赤ちゃんの服も変えていくことが 大切になります。



赤ちゃんの服:サイズ

赤ちゃんの身長はだいたい47センチから53センチくらいが多いということで 赤ちゃんの服のサイズは通常、50サイズから60サイズとなります。 この時期の赤ちゃんの体重の増え方や背の伸び方は著しいので、 赤ちゃんの服としては、50センチから60センチ、60センチから70センチといったものに なっています。あまり多く買いすぎないほうがいいかと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんの服:セレモニードレス

退院やお宮参りで着せるセレモニードレスと呼ばれる赤ちゃんの服をほとんどが白い服で、 ドレスオールと靴下とアフガンと帽子がセットになっています。 このセットの価格で、高いものだと10000円前後になりますが、さらに、 ディズニーなどのキャラクターブランドなどになればまた値段も違ってきます。 赤ちゃんの服はそれなりの値段のものが多いです。

赤ちゃんの服:手作り

赤ちゃんの服は、ミキハウス、babyGAP、コムサ、super boo homesなどブランドのものも人気がありますが、 最近は、赤ちゃんに贈る最初のプレゼントとして、手作りする人も増えています。 はじめて着るものは赤ちゃんの肌にやさしいものがいいということで、素材としてはガーゼやタオル生地、 赤ちゃんの服の作り方については、たくさんの本も出版されていますし、インターネットでも 紹介しているサイトがあります。

赤ちゃんの服:出産前の準備

赤ちゃんの服としては、赤ちゃんの肌が敏感であることを考えると、やはり、お肌にやさしいものを 選択することが大切ですね。 最近では出産前に性別を確認される人が多いのでその性別にあった赤ちゃんの服を購入する ことが多くなっていますが、性別を聞かない場合はユニセックスなものを用意しておくとよいですね。 赤ちゃんの服もいろいろな種類のものが販売されちますが、赤ちゃんの体の負担にならないように できるだけシンプルなものが良いと思います。