バナナでアンチエイジング生活@吉祥寺

きっかけは、1日1本で医者いらずになる、
1日1本で医者いらずになる 黒バナナ健康法 (アスコム健康BOOKS) を書かれた、鶴見隆史先生の本です。
特に黒くなっバナナは、体にいい、天然のサプリメントだと。
本を読んで、実践していくうちに、私も実感しました。

で、

始めました。

バナナでアンチエイジング生活@吉祥寺

バナナの黒い斑点は、バナナが熟成してきた証。
もともと栄養豊富なバナナですが、熟成して、黒バナナになることで、
さらにパワーアップするのです。

バナナに含まれる栄養

酵素、食物繊維、ビタミン(A、B2、B6、C、Eなど)
ミネラル(Ca、Mg、Zn、Kなど)、オリゴ糖、
アミノ酸(トリプトファン、ヒスチジン、バリンなど)

抗酸化物質も豊富で、抗酸化力ピラミッドの頂点に立ちます。

すごい!

つまり、

・酵素が増える

・抗酸化作用が高まる

・腸内の悪玉菌を増やすショ糖が減る

・GI値が下がる

なので、

病気に強く、疲れにくい体、太りにくく、美しい体になる!!
ゆうことないじゃないですか!!


バナナの栄養成分
バナナ 効果・効能
バナナの効果とセロトニン
バナナ 疲労回復
バナナ 免疫力
バナナ 野菜
バナナの効果と便秘
バナナの効果とヨーグルト、便秘
バナナの宅配サービスが便利!

 

アンチエイジング(anti-aging)とは

いま、世の中で、アンチエイジングという言葉が躍っています。

先日、阿保義久先生のアンチ・エイジング革命 という本に出会いました。
不老不死は古今東西、人類が夢見てkたテーマですが、人はいずれ命を
失います。でも、死ぬ間際まで病気にならずに健康でいることは実現できる、
と阿保先生は述べられています。

健康で生き生きと人生を進み続けでいくために必要な知恵を提供するたの本が
「アンチエイジング革命」であると。

ところで、

アンチエイジング(anti-aging)とは、老化防止を意味する英語で、
抗老化や抗加齢とも訳されています。

加齢によって自然に起こる、しみやしわ、骨や筋力の衰え、動脈硬化や癌(がん)をはじめ、
生活習慣病の影響でリスクが高まるさまざまな病気など、その原因を抑制することによって
老化の進行を遅らせようとすることが、アンチエイジング(anti-aging)です

医療、美容、健康、食品といった多くの関連分野で、抗老化に
効果があるとされる方法や成分が取り上げられ、なかでも、
肌の老化を改善、予防する目的で使われるアンチエイジング化粧品は、
若年層から高齢者まで広く浸透しています。

ここでは、阿保先生がおすすめする方法

たとえば、
・心臓を強くする方法
・血管の若さを保つ方法
・脳の老化をふせぐ方法
・骨、筋肉、関節を老化させない方法
・肺の正しい動きを保つ方法
などを、紹介したいと思います。

アンチエイジングとは
アンチエイジング化粧品
アンチエイジング食品おすすめ13
アンチエイジングの鬼
アンチエイジング 化粧水
アンチエイジングの神様
アンチエイジング学会
アンチエイジング 肌
アンチエイジング サプリ

 

抗酸化力とアンチエイジング

活性酸素と抗酸化力

生命を維持するために必要不可欠な酸素は身体の中に取り込まれると、
その一部は強い酸化力を持った活性酸素へと変化します。

この活性酸素は、私たちの体には有害な物質で、
正常な細胞をサビつかせ、生活習慣病の発症や老化を早める原因になることがわかっています。

活性酸素は、通常は、抗酸化剤とか抗酸化物といったビタミン類やポリフェノール類で
除去されます。その意味で、ビタミンEやビタミンCはわたしたちの体にとってとても
重要な成分となります。

ビタミンEの驚異の抗酸化力

ビタミンEは、強い抗酸化力を持ち、
細胞膜を形成するリン脂質の酸化を防止しています。

アンチエイジングにとって
この強い抗酸化力は必須の機能といえます。

なぜなら、

ビタミンEが欠乏すると、
臓器中の過酸化脂質の量が増加し、細胞膜が損傷を受けるからです。

ビタミンEを多く含む食べ物(果物)は、

うめ
アボカド
きんかん全果
ドリアン
ぐみ
マンゴー
あんず
ブルーベリー
レモン全果
ネクタリン
プルーン
キウイフルーツ

など


活性酸素とは
抗酸化力とは
ビタミンEの驚異の抗酸化力
食品がもつ抗酸化能力を示すORAC値
アンチエイジングの名言

 

名医が書いたベストセラー、11選

先日のTV番組で紹介された(『ジョブチューン』(TBS系列))
名医の著書、ベストセラー、11選です。
いずれの本もアマゾンで異例の発行部数となった人気の医療本です。
おすすめです。

(1)「なぜ、あなたの薬は効かないのか? 薬剤師しか知らない薬の真実」

→著者:深井良祐先生(光文社新書)

→概要&内容

薬は、私たちの生活と切っても切れない関係にあります。
風邪をひいたとき、頭痛のとき、腰や膝に痛みが走ったとき、
花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が出たとき、

私たちは薬に頼って痛みや症状を緩和させます。
しかし、「自分は薬の性質をよく知っている」という人はどれくらいいるでしょうか。
また、「薬はなぜ効くのか」というシンプルな問いに
正しく答えられる人はどれくらいいるでしょうか。

毎日の健康は、自分や家族が服用している薬について知ることから始まります。
「セルフメディケーションの時代」に必要な考え方を、この一冊で学ぶ。

→楽天から注文
なぜ、あなたの薬は効かないのか? [ 深井良祐 ]

→アマゾンから注文
なぜ、あなたの薬は効かないのか? 薬剤師しか知らない薬の真実 (光文社新書)

続きは、→ 名医が書いたおすすめベストセラー11

 

好きな戦国武将は、竹中半兵衛

豊臣秀吉の天下統一、この偉業は「二兵衛」と呼ばれた名軍師ー竹中半兵衛重治と黒田官兵衛孝高を抜きにして語れない。置かれた環境は異なり、性格も正反対であったにもかかわらず、互いの才を認め合い、相手を信頼し合って、秀吉の天下取りを補佐した半兵衛と官兵衛。二人がともに抱き続けた志、友情とはいかなるものだったのか。不世出の軍師二人の鮮烈な人生を描いた力作長編小説。

嶋津義忠(シマズヨシタダ)
1936年、大阪生まれ。1959年、京都大学文学部卒業、産経新聞入社。化学会社代表取締役社長を経て、作家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




 

相互リンク

関連リンク


 

TOPPAGE  TOP